こんにちは。

エクステリアプランナーの前田です

古くなっている塀をリフレッシュする工事を施工させて頂きました。

会社の近くにお住まいのお客様から「地震で塀が傾いており、危険だから、見て欲しい」

とのご相談を承りました。

早速伺って見る事に。

工事前

工事前

工事前

工事前

昔ながらの、屋根瓦を使った塀です。

屋根の部分が重たいせいか、部分的に傾いており、表面も剥がれ掛けています。

お客様と相談の結果、白い漆喰部分でカットを入れて、上部を撤去し、

フェンスで目隠しをする事になりました。

それから、こちらからの提案ですが、

こちらの塀には、補強をする 「控え柱」がない為、

裏側から支える様に補強をします。

工事中 安全対策

工事中 安全対策

上の部分を撤去しました。

こちらの塀はコンクリートブロックを積んで下地を作り、表面を表面を「モルタル」で仕上げてあります。

コンクリートブロックには、鉄筋を埋め込んで空洞をモルタルで詰める事で強度を発揮します。

今回、部分的に撤去してみると、鉄筋による配筋もきちんとされており、

補強をすれば丈夫な物であると判断しました。

塀 部分撤去

塀 部分撤去

目隠しフェンスとして選んだ商品はこちらです。

三協アルミ シャトレナ

シャトレナ フェンス

シャトレナ フェンス

縦格子と横格子の種類があり、好みをお選び頂けます。

今回はちょうど、目線の高さにあるという事もあり、縦格子を使用することになりました。

アルミの色は、建物外観に合わせた、落ち着いた色です。

シャトレナ フェンス

シャトレナ フェンス

縦格子 フェンス

縦格子 フェンス

撤去する部分の作業が終わると、フェンスを支える柱を埋め込んで行きます。

フェンス柱 施工

フェンス柱 施工

フェンスの柱を埋め込みる様に、ブロック塀に専用の機械を使って、穴を開け柱を固定します。

カット部分 モルタル補修

カット部分 モルタル補修

カットした断面は、どうしてもガタガタになってしまう為、モルタルで補修をします。

天端 補修

天端 補修

建物側から、支える様に「控え柱」を設置して、塀と同じ様な質感に仕上げます。

補強 控え柱

補強 控え柱

壊れている部分も、補修しておきます。

袖壁 修繕

袖壁 修繕

補強の「控え柱」は3.6mずつ設置して、塀全体の補強をしました。

補強 控え柱

補強 控え柱

最後にフェンス本体を取り付けて完成です(^-^)

完成

完成