こんにちは。

エクステリアプランナーの前田です。

今年も、積雪量の多い年となりましたね。

今回は、松江市や、境港市での積雪が多かったようです。

最近の住宅では、太陽光発電の為のソーラーパネルを

屋根の上に設置しておられるご家庭も多くなっていると思いますが、

ソーラーパネルの表面はガラスの様な素材で出来ている為、

積雪時に雪が滑り落ちやすくなっています。

雪止め 施工前

雪止め 施工前

雪が積もった後、太陽が当たると雪は溶けてくる訳ですが、

すると、ソーラーパネルの上に乗っていた雪が

一気に滑り落ちるという現象がおきます。

その時にちょうど、真下に人がいたりすると、大変危険です。

また、ストックヤードやカーポートがあれば、

落下してくる重さと衝撃によって、屋根を壊してしまう可能性があります。

壊れてしまったストックヤード

壊れてしまったストックヤード

ストックヤードやテラス、カーポートは、屋外にあるものですので、

ある程度の積雪量に耐えられる様に設計されています。

しかし、上から落ちて来る際には、雪の重みに加え、衝撃も足されますので、

元々は頑丈な作りではあっても、アルミ素材の骨組みを押し曲げてしまう場合があります。

弊社では、こういった場合の修理についても承っております。

雪害によって壊れてしまった物については、

建物に掛けられている「火災保険」を使って費用を保証することができます。

これは、それぞれに掛けられている保険の内容によって、

若干異なりますので、まずは保険会社さんに確認される事をオススメ致します。

それから、屋根からの落雪を防ぐ、便利な設備があります。

落雪を防ぐ雪止めネット

落雪を防ぐ雪止めネット

「雪止めネット」と呼ばれる物です。

ソーラーパネルから滑り落ちる雪をしっかり受け止めてくれます。

ソーラーパネル

ソーラーパネル

安心や安全はお金に変えられない物でありますので、

快適な生活を過ごす為の提案をいつも、心がけております(^^)