お庭の防草対策について

夢のマイホームを手に入れ、家族と共に楽しく暮らす中で、必ずお庭のお手入れが必要になって来ると思います。

この中で大変になってくる作業があります。それが、お庭に生える「草を取る!!」作業です。

この作業から開放される防草対策の方法を紹介致します。

大まかに2種類の方法があります。『防草シート+砂利敷き』 と 『土舗装』です。

比較的安価で効果的な防草シートによる施工をご紹介いたします。

 

>>>土舗装についてはコチラ

施工前です。

お客様は、敷地内の土部分に草が生え、そして雨が降ると土が流れて困っておられました。

土を取る

まず、防草対策をする部分の土をとり除きます。

土を取る深さは砂利を敷く厚み5cm~10cm位です。

これは、砂利の粒の大きさなどで多少の調整をします。

土を取り除きました。

防草シートを敷く

 

防草シートとシートピンを使います。

ホームセンターなどにも売れていますが、当社ではプロ仕様の防草シートを使用します。

防草シートを敷いていきます。

シートピンを使って50cm間隔位ずつ土に刺してシートを固定します。留める間隔が広いと後でシートが浮いてきたりするので、こまめにしっかりと留めていきます。雨水マスや汚水マスの部分もカッターナイフで輪郭をなぞる様にシートを取り除いて行きます。

砂利を敷く

砂利は厚みを5cm確保できる様に敷いていきます。砂利は各メーカーが様々な種類の物を販売している為、色や粒の大きさを選ぶ事ができるという利点があります。それから、歩いた時「ジャリジャリ」と音がする為防犯対策にもなります。

敷地と砂利の境目をスッキリする為に、レンガ等で見切りを付ける事を提案しています。